Tuesday, June 18, 2013

太陽光パネルシステム作りWSのお知らせ/6月30日(日)




エノコロのある“片浦地域”には、 今年、太陽光パネルを使ったご当地電力が立ち上がりました。その名も、片浦電力! 

6月30日(日)に、第2回目の太陽光パネルシステム作りのWSがあるので、お知らせです。

太陽光発電に興味のある方、脱原発を今後どのように進めていくかを考えたい方、電気の仕組みについて知りたい方、ぜひご参加ください!

エノコロもお手伝いで参加しています。

◎ご案内 
【日 時】 6月30日(日)10:00~15:30
 

【会 場】 きのこ苑 お山のたいしょう  http://www7b.biglobe.ne.jp/~kinokoen/
住所 小田原市根府川657
アクセス JR根府川駅から徒歩25分、車5分
※電車の方は、根府川駅までお迎えに行きます。 


【講 師】 鈴木篤史さん(片浦電力代表 根府川在住)

【作るもの】 独立型太陽光パネルシステム
(50W太陽光パネル+バッテリー+コントローラ+インバーター)
※パネルの大きさ76cm×54cm程度でバッテリーは少々重いのでお車で参加をおすすめします。

※50Wのパネルで、携帯電話やパソコンの充電、ライトの点灯などができます。 独立型なので、非常用電源にも!

【参加費】 以下3つの選択があります。ご希望のコースでどうぞ。いずれもランチ付き!
<1> 30,000円  (中古バッテリ―:片浦住民対象)
<2> 38,000円  (新バッテリー:一般対象)
<3>  1500円  (見学+ランチ) 
 

【持ち物】 モンキー1本、プラスドライバー1本、お使いの携帯電話充電器、軍手
*お持ちでない方はご相談ください。  
 

【定 員】  6名先着順
   
【お問い合わせ・お申込み】
お名前、連絡先、お住まい、ご希望のコースをご記入の上、下記までメールか電話ください。

--------------------------------------------------
片浦食エネプロジェクト
電話 080-4612-8420(きやま)
Eメール kataura55sep@gmail.com


◎片浦電力の活動について◎
 片浦電力の活動は、50Wの小さな太陽光パネルシステムを一緒に作り、作ったシステムを公共機関やお店、家などで使ってもらうこと。地元・片浦を中心に活動することで、太陽光パネルを通じて、地域を繋げる役割も果たします。

いつも当たり前のように使っている電気が、どういう仕組みでできているのか?
電化製品が消費する電力は、モノによってどう違うのか?

太陽光パネルシステムを作ることで、近くて遠い電気の世界が、もっと身近になってきます。また、 実際に家で発電しながら電気を使うと、電気のありがたさが実感できます。

電気を、当然の権利のようにじゃんじゃん消費するのではなく、この、“ありがたさ”に感謝しながら暮らすことは、今の時代に大切なことなのではないかなあと思います。







No comments:

Post a Comment