Wednesday, April 30, 2014

4月のエノコロオープンデーのようす


 今日のエノコロ。新緑が空と海の青に映え、1年の中でも最も気持ちのいい季節です。

今日は草刈りと苗植えデー。

 草刈の合間にお昼ご飯の食材を調達。端境期で野菜の収穫はないのですが、何か食べれるものはあるでしょう。白と薄紫色が可憐な大根のお花。ちゃんと大根の味がするんです。これ、食べれるね。

 水辺には、あった、あった、せりです。

 菜の花の実。少し苦みがあって春のデトックスによさそうです。

菜の花も美味しそうだぞ。

 次々に匂いをかいだりつまんでみたり、、、
草花を見る目が、キレイから美味しそうに変わってきました。

 大根~。もう苦くて食べれないや。

フェンネルです。葉はサラダに、茎も食べれるそうです。

こちら、タケノコチーム。裏の竹林に掘りに行きました。大収穫!

見て、見て。

 たけのこは掘ってから3時間以内に食べろと言います。

 掘りたてなので、あくもとらずに皮をむいてゆでます。横の竹筒では、ご飯を炊いてます。

 上手く炊けるかな。

まぁ、かわいい。 タケノコの皮のブーケ。

そんなこんなしてる間に、出来上がってきました。
大根と菜の花のお花とフェンネルのサラダ@オレンジドレッシング

 フェンネルの茎とレモン醤油炒め。ほんのり甘酸っぱくて美味!

 ソーラクッカーでは、じゃがいもとブロッコリーの蒸し焼き

 竹筒ご飯も上手に炊き上がりました。参加の皆さんからの持ち寄りも集まってランチタイムです。

 おなかいっぱいになったあとはニワしごと。草地を耕して畝をつくり苗を植えます。

 草ぼうぼうだった場所が畑に生まれ変わりました。

 慣れた手つきでどんどん進めてくださる常連様。

 今日は、ズッキーニ、キャベツ、ピーマン、コリアンダー、フェンネル、藍の苗を植えました。

先月植えたじゃがいも。いのししかお猿に掘り起こされていたので、畝を作って整えます。

 この辺りでも、いのしし被害は深刻です。ジャガイモ君、来月まで無事に育ってね。

 苗を植えたあとは、土が乾かないように刈った草を被せます。竹を割って柵を作りました。

 悪ガキ3人組、何をたくらんでいるのかな。

 ちびっこたちは、たき火で棒パンづくりでした。木の枝にパン種をクルクル蒔きつけて焼くと美味しいパンができます。

 ホラ、焼けたよ。

 タケノコと一緒に切り出してきた竹でお箸を作ってみよう。なた初体験?

竹細工にはまった人達、、、。

 そろそろティータイムにしましょうか。ミントやローズマリーを摘んで、、、。

 焚火をする人、お茶を飲む人、土いじりをする人、、、それぞれの時間、、、。

 陽もおちてきたのでそろそろお仕舞いにしましょうか。草を刈って、畝を作って、今日一日でずいぶんきれいに整いました。

 イェンスマジックで、鍋のふたと持ち手がこんな素敵に生まれ変わりました。トナカイみたい。

今日もいっぱい遊んだね。よい一日でした。
次回オープンデーは5月17日(土)。お待ちしています!


Thursday, April 10, 2014

4月のオープンデーは定員になりました!

4月のオープンデーは定員になりましたので、締め切りとさせていただきます。
たくさんのお申し込みありがとうございました。

Tuesday, April 8, 2014

4月のオープンデーは26日(土)です



4月のオープンデーは26日(土)になりました。
イェンスもちのちゃんも参加します。
色とりどりの草花や若葉が眩しいエノコロで春を満喫しませんか♪

詳細は下記になります。



オープンデーに参加ご希望の方は、
info@kolonihave.com

まで、

1 代表者の方のお名前と参加人数(大人/子ども)
2 当日、連絡のつく携帯番号
3 アクセス方法…電車利用、または自家用車利用
(車の場合は、相乗り可能な人数もお知らせください)
とともにご連絡ください。


----------ご案内----------
◎日時 
4月26日(土)10:30~16:00くらい

◎集合
10:35 JR東海道線根府川駅前 集合
(東海道線下り10:31着の電車があります)

◎参加費 
1500円/お昼ごはん付き(3~12歳の子どもは800円)
※根府川駅⇔エノコロの送迎有
4月よりサドルバックさんに大型送迎車をお願いすることにしたので、
車代500円をこれまでの参加費に追加させていただくことになりました。
ご了承ください。

 ◎すること
●今回は、コンポストトイレ小屋を完成させます! (使えるようにしましょう!)


●小屋(母屋の方)の屋根の修復作業
●春の畑の世話、苗植え

などの予定です。
他にも、お子さんと遊んだり、海を見ながらぼーっとしたり、収穫したり料理をしたりと、興味のあることに参加しながら、自由に過ごしてください。

◎持ち物
マイ箸、マイ皿、マイカップ
動きやすい服装
畑でみんなでごはんをつくりますが、おかずやおやつなどの持ち寄り大歓迎です♩

自家採取した種、固定種の種で余っているものがあればお持ちください。
交換しましょう。


◎その他
雨天は中止
駐車スペースあり(なるべく電車でお越しください)
定員10名くらいまで


☆当日、オープンデーのようすを撮影してくれる方(レポートもしてくれるとさらに◎)も募集しています!
撮影スタッフの方は参加費無料! 先着1名様まで。お申し込みの時に「撮影します」と書き添えてくださいね。畑のようす、みんなの作業、食事風景など、10〜20カットくらいあれば嬉しいです。写真好きの方、よろしくお願いします!

コロニヘーヴ in 鹿児島/番外編!


コロニヘーヴ・ワークショップで鹿児島を訪れた際の番外編です。鹿児島の伝統工芸や、エノコロをモデルにしてくれたという素敵なキャンプ場、イェンスのスモーブロ教室について。

◎その1

〈鹿児島クラフト〉

空いた時間で案内していただいた、鹿児島クラフトの工房をご紹介します。クラフトの一部は、Nuff Craftでも取り扱いがあります。
・薩摩ボタン(絵付け師:室田志保さん

薩摩焼(白薩摩)に花鳥風月など日本的な絵柄を描いたボタンで、江戸時代末期に欧米に輸出されていたもの。いつしかその伝統は途絶えていたが、絵付け師の 手で現代によみがえった。小さなボタンの中に描かれた華麗な世界は、見れば見るほど魅せられてしまう。小さな小さな、宝物。 






・竹細工柚木竹細工工房

かごや、ざるなどの竹細工の制作と、竹細工の教室も行っている工房。四海波という編み方の花かごを教えていただきました。他にも、竹の採取時期、加工方 法、竹ひごの作り方についてもていねいに説明してくださいました。竹を割り、細く裂く手さばきにほれぼれ…。割った竹を使って焼くパンや、ごはんを炊く方 法についても教わったので、ぜひ試してみたいと思います。竹は本当に万能に使える素材なのだとしみじみ感じました。







◎その2

十曽子どもの森のキャンプ場


エノコロをモデルにしてくれたという、十曽子どもの森のキャンプ場。わらの家、ピザ窯、かまど、五右衛門風呂など、どれも素敵で、ぐっときます。テントサイト、コテージなどを利用できる他、さまざまなイベントも開催しています。








◎その3

〈スモーブロ教室〉


コロニヘーヴ・ワークショップの翌日に、鹿児島のみそらハウスで行われた、イェンスのスモーブロ教室。スモーブロとは、デンマークのオープンサンドイッチで、薄くスライスしたパンの上に、自由に具をのせて楽しみます。この日は、レバーパテ、玉子トマトのヨーグルトソース添え、イワシのマリネを作りました。